2017/05/23 (火)

ラテンの官能。


「検察側の罪人」の音楽をイメージしながら、ザビア・クガート楽団を聞いていた。「マイ・ショール」、「パーフィディア」、「シボネー」、「ジャングル・ドラム」、「タブー」、どれも使いたい。

私の世代はいつもどこかでザビア・クガートやペレス・プラードを聞いていた。ちょっと下の世代だとウォン・カーウァイの1960年代三部作「欲望の翼」、「花様年華」、「2046」でラテンの官能の洗礼を受けているのかな。

「2046」は昨夜見直して、改めてチャン・ツィイー様のいじらしさに涙。トニー・レオン様と彼女の交情は、くやしいくらい普遍的な切なさがある。

アトモスフェリックは演出を一切廃して、男と女の情念を記録する映像。彼らの生きている世界は彼らのクロースアップやバストショットの奥の色合いで見せるだけ。同じ手法を「グランド・マスター」で使ったのは愚劣だが、カーウァイは「2046」までは時々傑作を放った。

無論、我が木村拓哉様も見事に存在感を示している。彼のモノローグのセクシーなこと。大傑作「ミリオンダラー・ベイビー」のモーガン・フリーマンのモノローグにも匹敵する。アップになった情念もいい。音楽を流す演出の効果は、キューブリックもやっていたがここでも効果をあげている。



それでさっきは「欲望の翼」を15年ぶりくらいに鑑賞して、「ジャングル・ドラム」が聞こえなきゃ愚作だなと確認した。導入部の、4月16日の午後3時1分前は切ないんだけれどね。プロットは大ズサン大会で、ラテンの官能のムードだけで流れてしまう。育ての母と実の母へのレスリー・チャンの葛藤など、稚拙極まりない。カリーナ・ラウの大芝居より、マギー・チャンの控えめな芝居が好きだが、ふたりの口論は驚く程ダイアローグの洗練度に欠ける。1990年の映画だから、カーウァイもまだ若かった。

もちろん、マギーは「花様年華」が最高で、これがカーウァイの最高傑作でもあるけれど。

「花様年華」は見るたびに好きになる。来週、クライテリオン版が届くから、また見て、マギーに惚れ直そう。


訂正。アトモスフェリックは、ではなく、アトモスフェリックな演出を一切廃して。

それと、「夜に生きる」のブタみたいなベンアフはなんだ!?無鉄砲なアウトロー時代は、原作では20代だろ?中年太りの体で演ずる場合じゃないぞ、恥を知れアフレック。脚色もド下手。ラストの対決もびっくりするほど杜撰。素晴らしい原作が台無しになった。唯一の救いはシエナ・ミラー。


2017/05/07 (日)

BELLINGER SHINES!


コディ・ベリンジャーはPOETRYだな。輝く優美。打席に立った姿の美しさ。この三週間、魂をつめて、「検察側の罪人」準備稿を書いていた。でも、彼が打席に立つ頃合いになると胸がざわめく。見れば、バットが優美に一閃し、ベースボールが歓喜の歌を歌いながらスタンドに消えて行く。

11試合で5ホーマー14打点。その5ホーマーすべて、リアルタイムで見た。胸スカどころではない。感涙ぽってり。

本日、準備稿脱稿。キムタク最上、ニノ沖野、女優X沙穂、男優XX諏訪部、男優XXX松倉、壮絶なる競演がイメージできた。XもXXもXXXも心に秘めた役者に当てて書いた。さあ、どこまで実現するか。



2時間ほど、寝かせて、もう一度、トップから読み直して、深夜には関係者に送ることになる。そして、明日は午後から「関ヶ原」のダビング。これが7日間続く。すごい離れ業でしょ?我ながら感心するね。ダビングが8日から始まるから7日までに書き上げますよ、と言ってそうなった。途中何度も、3週間あれば十分書けるなんて言うんじゃなかったと後悔しつつも(だって原作長いしディテール細かいんだもの)、とにかく、渾身大満足の準備稿を仕上げることができた。

これは多分、21才のPHENOM、ベリンジャーが5ホーマー打ってくれたからだと思う。ああ、ドジャースのファンでいて、よかった。ジャイアンツ・ファンだったら絶対に、公約通りに脚本あげられませんよ。


2017/05/01 (月)

5月進攻。


5月上旬の愉快ナンバー1。ドジャースは4連勝。マエダは前回登板がカッター多用のクォリティスタート。今、注目は21才のコディ・ベリンジャー。容姿はテッド・ウィリアムスを彷彿させる。ホームランの初速、飛距離が半端じゃない。プイーグと違って頭がいい。センスが光る。ぐんぐん伸びる。アンドレが終ってしまってもシーガーとベリンジャーがいる限り、私はドジャー・ファン。

5月上旬の愉快ナンバー2。5/3にWEBで次回作のニュースが流れる筈。その脚本と鋭意格闘しつつ「関ヶ原」仕上げ。素晴らしいスコアもできた。演技合戦、合戦映像、合戦音楽、すべてエクスタティコ。



先月の不愉快ナンバー1。高等教育の無償化を改憲の道具に使おうとする姑息政治家ども。

先月の不愉快ナンバー2。NHKのニュースウォッチ9。悪趣味チープなセットに呆れる。桑子アナは「ぶらタモリ」のような笑顔ふりまき番組では魅力的だが、シリアス顔主体のニュースはミスキャスト。横の男もはしゃぎすぎ。だからもう見ない。

先月の不愉快ナンバー3。7時のニュース土日祝日。担当の井上アナは昔昔のそのまた昔、大越キャスターの隣では堅さが初々しかったが、こっちは堅さがうざい。声も裏返る。コスチュームも総じてのけぞるほどひどい。それにしても声の悪い女子アナ、裏声アナが日本には多過ぎる。TVのニュースを見る配分はBBC2に対して日本1になってしまった。


2017/04/10 (月)

3月から4/9までの映画ジャーナル。


先ず前回の訂正から。リンデホフではなくリンデロフ、ミミ・レダーの正しい発音はミミ・リーダー、ダクラス・サックハイムではなくダニエル・サックハイム。

3/2DVD「SONG OF SUMMER」A− 47年ぶりにケン・ラッセルの最高作を見る。英国の偉大なる作曲家フレデリック・ディーリアスの晩年とエリック・フェンビーとの師弟愛を、ラッセルとフェンビーの共同脚本で映像化したBBC音楽家トリロジーの一本。マックス・エイドリアン入魂の演技は今見ても鳥肌。クリストファ・ゲーブル、モーリーン・プライヤとの三人芝居は極上の宝石。

3/5 DVD「ALWAYS ON SUNDAY」B ラッセルのセンスで軽快に描いたアンリ・ルソーの伝記。ジャリとの関係を中心のファース。

3/6 DVD「MANH(A)TTAN SEASON 1」A 10話まとめての評価。前記。

3/8 みゆき座にて「トリプルX」C− すべてが最悪。

3/8 シャンテシネにて「お嬢さん」C すべてが退屈。ハ・ジョンウの日本語芝居はお粗末の極み。


3/10 DVD「ベストセラー」B− いい話なのに演出脚本が凡庸。ジュード・ロウのノース・キャロライナ訛りの大芝居が最悪。

3/14 新宿にて「コクソン」C ナ・ホンジンはバカになったのか。

3/20 DVD「アース」B 綺麗なだけで単調。

3/21 DVD「ロスト・バケーション」A− ブレイク・ライヴリーの勇姿と演技力にただただ感服。「カフェ・ソサイエティ」が愉しみ。

3/22 DVD「キャロル」C 原作の風味ゼロ。ムードだけの凡作。

3/22 DVD「セデック・バレ」C アクション以外すべてが稚拙。

3/25 WOWOW「10クローバーフィールド・レーン」A− 三人の演技よし。

3/26 WOWOW「海よりもまだ深く」A− 是枝作品でマイベストかも。

4/1 DVD「MANH(A)TTAN SEASON 2」A− 10話総合評価。アビーがソープキャラに成り下がり1939年、1944年(メインの時間軸)、1945年のカットバックに混乱あるもののフランクの行動倫理で救われる。

4/4 シャンテシネ「ムーンライト」B− 大落胆の凡作。

4/5 DVD「THE LEFTOVERS 1」A+ 最初の6話まで一気に見る。キャリー・クーン光り輝く。

4/6 DVD「THE LEFTOVERS 1」A+ 7話から10話。ジャスティン・セロー光り輝く。

4/7 DVD「HELL OR HIGH WATER」A− ジェフ・ブリッジス光り輝く。

4/9 DVD「FARGO SEASON 2 EPISODE 1」C− キッチュではない悪ふざけの幼稚さ。2話以降持ち直すことを期待しつつ大罵倒。キルステン・ダンストってこんなに下手っPだっけ?



ドジャース打線がやっと左腕を攻略できた。

明日はカブスのレスターだからまた打てないか?

ロバーツ監督は相手投手が右だろうが左だろうがベストのメンツで打順だけ入れ替えるべき。左腕だからと右打者ばかり並べるのは相手投手を助けるだけ。

いずれにせよ、ローガン・フォーサイスの獲得は大正解だと思う。打席でも守備でもセンスがいい。それに比べプイーグ。バッティング荒いし走塁ミスもあるし、アタマの悪さは相変わらず。我がアンドレがDLから戻って来たらライトは彼に委せて放出した方がいい。

ところで、マエダ君。いつになったら7回まで投げることができるの。


2017/04/10 (月)

3月から4/9までの映画ジャーナル。


先ず前回の訂正から。リンデホフではなくリンデロフ、ミミ・レダーの正しい発音はミミ・リーダー、ダクラス・サックハイムではなくダニエル・サックハイム。

3/2DVD「SONG OF SUMMER」A− 47年ぶりにケン・ラッセルの最高作を見る。英国の偉大なる作曲家フレデリック・ディーリアスの晩年とエリック・フェンビーとの師弟愛を、ラッセルとフェンビーの共同脚本で映像化したBBC音楽家トリロジーの一本。マックス・エイドリアン入魂の演技は今見ても鳥肌。クリストファ・ゲーブル、モーリーン・プライヤとの三人芝居は極上の宝石。

3/5 DVD「ALWAYS ON SUNDAY」B ラッセルのセンスで軽快に描いたアンリ・ルソーの伝記。ジャリとの関係を中心のファース。

3/6 DVD「MANH(A)TTAN SEASON 1」A 10話まとめての評価。前記。

3/8 みゆき座にて「トリプルX」C− すべてが最悪。

3/8 シャンテシネにて「お嬢さん」C すべてが退屈。ハ・ジョンウの日本語芝居はお粗末の極み。


3/10 DVD「ベストセラー」B− いい話なのに演出脚本が凡庸。ジュード・ロウのノース・キャロライナ訛りの大芝居が最悪。

3/14 新宿にて「コクソン」C ナ・ホンジンはバカになったのか。

3/20 DVD「アース」B 綺麗なだけで単調。

3/21 DVD「ロスト・バケーション」A− ブレイク・ライヴリーの勇姿と演技力にただただ感服。「カフェ・ソサイエティ」が愉しみ。

3/22 DVD「キャロル」C 原作の風味ゼロ。ムードだけの凡作。

3/22 DVD「セデック・バレ」C アクション以外すべてが稚拙。

3/25 WOWOW「10クローバーフィールド・レーン」A− 三人の演技よし。

3/26 WOWOW「海よりもまだ深く」A− 是枝作品でマイベストかも。

4/1 DVD「MANH(A)TTAN SEASON 2」A− 10話総合評価。アビーがソープキャラに成り下がり1939年、1944年(メインの時間軸)、1945年のカットバックに混乱あるもののフランクの行動倫理で救われる。

4/4 シャンテシネ「ムーンライト」B− 大落胆の凡作。

4/5 DVD「THE LEFTOVERS 1」A+ 最初の6話まで一気に見る。キャリー・クーン光り輝く。

4/6 DVD「THE LEFTOVERS 1」A+ 7話から10話。ジャスティン・セロー光り輝く。

4/7 DVD「HELL OR HIGH WATER」A− ジェフ・ブリッジス光り輝く。

4/9 DVD「FARGO SEASON 2 EPISODE 1」C− キッチュではない悪ふざけの幼稚さ。2話以降持ち直すことを期待しつつ大罵倒。キルステン・ダンストってこんなに下手っPだっけ?



ドジャース打線がやっと左腕を攻略できた。

明日はカブスのレスターだからまた打てないか?

ロバーツ監督は相手投手が右だろうが左だろうがベストのメンツで打順だけ入れ替えるべき。左腕だからと右打者ばかり並べるのは相手投手を助けるだけ。

いずれにせよ、ローガン・フォーサイスの獲得は大正解だと思う。打席でも守備でもセンスがいい。それに比べプイーグ。バッティング荒いし走塁ミスもあるし、アタマの悪さは相変わらず。我がアンドレがDLから戻って来たらライトは彼に委せて放出した方がいい。

ところで、マエダ君。いつになったら7回まで投げることができるの。


 a-Nikki 1.02